あぁ・・・懐かしい三角定規

姪が中学受験をするとのこと

私の息子とは違い、姪は小さい頃から勉強に関心があり、小学校に入ってからも常にクラスでトップの成績を保っていました。最近ではその良い成績から塾の先生から私立中学を受けてみないかと言われているようで、とりあえずは姪も中学受験に向けて勉強をしているようです。
最近家に来てくれてどこの中学に行くのかを聞いてみたところ、難関の中高一貫校を目指しているようで正直驚きました。その後5年生6年生とみっちり勉強をして、長期休暇の時には春期講習や夏期講習などを受けていたようです。その努力の結果中学受験で志望校合格圏内の学力を身に付けることができたと聞きました。受験シーズン直前になると遊ぶ暇もなく朝から晩までみっちりと家の中にこもって勉強をしていたようですが、その努力の結果中学受験にも成功し見事難関の中高一貫校に合格したようです。これから先もどんどん努力を続けていけば難関大学にも進学できるだろうと思っているので、姪の挑戦を見守ってあげたりです。中学受験に合格した後に家に報告に来てくれたのですが、どうやらトップレベルの成績で合格をしていたようで、姪の学力の高さには本当にびっくりさせられました。これから先の中学校での生活も楽しんでもらいたいです。

中学受験のために塾に通い始めました

私の姉の娘である姪は頭の良い子で、毎日勉強しても苦にならないタイプです。そんな姪が中学受験をしたいと言い出したのは小4の頃だと聞きました。正直な気持ちを言えば、どんどんやるべきだと思っていました。保守的な姉の前では言えないことですが、女の子でも出世するための道を模索することはいいことだと考えています。姪は中学受験のために塾に通いだしたのですが、理解できないことがあるとよくこぼしているというのです。姉から学生のころ塾の先生をしていた私に呼び出しがかかったのは、姪が塾に通いだしてから間もなくのことでした。姉は姪の分からないところを教えてほしいというのです。もちろん時間の許す限り協力したいとは言いました。本人に確認すると分からないところだけでも教えてもらえると助かると言うのです。普通は子供の方が嫌がるものですが、それはありませんでした。それから中学受験までの期間、臨時の家庭教師をすることになりました。中学受験までは時間があまりないので、かなりスパルタになる予定です。時間が許す限り教えられることは教え込みます。姪は決してその時間を無駄にしていません。分からない所をピックアップして、週末まで取っているのです。最後まで理解できないことの無いように教えてあげられると良いなと考えています。このまま姪を受験までの間は見守っていくつもりです。

中学受験のために遅くまで勉強する姪

先日もうすぐやってくる姪っ子ちゃんのお誕生日プレゼントを一緒に選ぶために、
2人でショッピングに出かけました。
中学受験を控えた彼女。
いつも学校や塾から帰ってくるとすぐ勉強を始めて、
夜遅くまで机に向かっているとママから聞いていたので、
たまには気分転換に1日くらい勉強から解放される日があってもよいのかなと思い、
私からお誘いしたのです。
そんな姪っ子ちゃの中学受験は、
実は自ら「行きたい学校がある。」と言い出して始めたことなのだそうです。
当初は中学受験に戸惑いを感じていた彼女の両親でしたが、
どうしてもこの学校に行きたいと真剣に言う娘の本気を感じて、
中学受験に家族で挑むことになったのだそうです。
でも私はちょっと心配していることがあるのです。
それは中学受験をすると決めた時期が小学校5年生の時だからです。
普通はもっと早い時期から志望校を決めて、
その学校の試験対策をすると聞きます。
でも姪っ子ちゃんはその時点ですでに他の子よりスタートが遅れているわけですから、
心配になるのは当たり前です。
でもそれを1番理解しているのが他でもない姪っ子ちゃんなのです。
だから眠い目をこすりながらも夜遅くまで勉強を頑張っているのでしょう。
自分の言葉の責任をきちんと理解しているのです。
そんな彼女の成長をとても誇らしく感じ、
そして来年の春、
志望校の制服に身を包む、
彼女の晴れやかな笑顔が見れますようにと願う、
叔母であります。

中学受験本番まであと少しですね

私の姪は、小学5年生の頃から中学受験のための塾に通っています。ある日、すでに塾に通っていた友人Aちゃんに影響された姪が、「中学受験をしたい!」と言ってきました。姪の母も私も、中学受験はお金もかかるし何より娘自身が一番頑張らないといけないということを何度も言い、それでも中学受験をしたいと言うので、塾に通わせ始めました。
塾に行く前は、放課後になると毎日友人と遊んでいた姪も、宿題をこなしたりテスト勉強に追われて、ほぼ毎日勉強をするようになりました。あれから1年半が経ち、もうすぐ受験前最後の冬休みに入ろうとしています。
この冬休みが終わると、中学受験本番だということで、塾もピリピリしていて、姪も姪の母も疲れているのではないか、と正直心配です。ですが、小5から今まで頑張ってきて、入りたい中学校にあと少しで届きそうなくらいまで成績も上がってきたので、あとは姪のことを応援するのみだな、と思っています。
中学受験直前だということで、やはりお正月もゆっくり出来ないようですし、外に出かけたくてもインフルエンザにかかってはいけないから安易には出かけられないようで、きっと精神的にストレスを感じていると思います。姪があと少し頑張って、無事に合格した暁には、姪と姪の母をどこかへ連れて行ってあげようかな、と考えています。

中学受験の結果発表

姪は幼い頃から読書が大好きであり、非常に知的好奇心の旺盛な女の子でした。その性格からか小学校に入学してからも真面目に勉強するようになり、国語算数理科社会すべての成績が良好でした。
勉強が大好きな姪は小学校高学年になった頃からよく私に中学受験をするので勉強をしている最中だと教えてくれるようになりました。どこの中学校に行きたいのかと聞いてみたところ、難関の私立中学に入りたいと言っていたので、応援していました。中学受験の準備段階で何度も家に来てくれてその都度学校の成績を教えてくれたのですが、トップの成績を維持しているようで、実に誇らしいと思うようになりました。六年生の夏頃になると模試を何度も受けてそのたびに合格圏内の実力になっていると言っていたので今までよりもっともっと応援してあげたくなりました。その後は毎日勉強を続け、長期休暇の時も程よく遊びそれ以外は勉強時間に費やしていたので、どんどん試験の内容も覚えていったようです。中学受験のテストの一週間前くらいに家に来てくれたので、応援の言葉をかけてあげました。その後姪は見事志望校の難関中学受験に成功し、この春から希望通りの中学校に通うようになりました。
参考サイト