中学受験のゲン担ぎをしに神社へ

姪は小学校高学年になってから本格的に中学受験対策をするようになったので、合格できるようにいつも見守っていました。最近では模試の成績もかなり良いようで、希望する中学校に合格できる実力を着々と身につけています。受験数カ月前になり、ゲン担ぎをしようと言うことで姪と一緒に神社に合格祈願をしに行くことにしました。絵馬を買ってあげてそれに合格祈願のメッセージを書かせて神社の境内の木に縛り付けてきました。その後姪は中学受験直前まで必死で勉強をし、受験直前の模試を受けてもやはり合格は確実の学力を維持していました。私はその様子をただ見ているしか無かったのですが、受験シーズンに無事に姪の中学受験も終わりました。その後私の家まで合格したことを報告しに来てくれました。すると姪は私と一緒にゲン担ぎのためにお参りに行ったことで合格したのだと感謝の言葉を伝えてくれたので、まだ小学校6年生なのに非常によくできた子だと感動してしまいました。中学受験は終わりましたがこの先に大学受験も待っているので、しっかり勉強して夢を叶えるんだよと応援の言葉をかけました。姪は今では難関私立中学で勉強に励んでいるようですが、成績は相変わらず優秀だと良く教えてくれます。